南粋連について

南粋連は町田初の阿波おどりグループ(連)です。

連名の由来は、町田市は東京都の中で最も南に位置することから、この名前を付けました。

東京は本場・徳島に次いで阿波おどりが最も盛んな県です。

毎年夏になると、都内の各所で盛大に阿波おどりが開催され、大勢の見物客が訪れます。

中でも有名なのが、昭和32年(1957年)からスタートした、東京で最も古い「高円寺阿波おどり」です。

高円寺阿波おどりは毎年8月の第3土日に開催されますが、その2日間になんと延べ100万人以上の見物客が訪れます。

おそらく東京で行われる最大級のイベントといっても過言ではないでしょう。

それだけ人々を熱狂させる阿波おどりですが、町田市は同じ東京都でありながら、こと阿波おどりに関しては市民の殆どの方が知りません。

無謀にもそんな町田で連を立ち上げ、活動しているのが南粋連です。(笑)

観る者の魂を揺さぶる熱狂の踊り ~ それが阿波おどりです。

今では次々と思考を凝らした連が誕生し、独自の世界観を築いています。

阿波おどりには、これが正解というものがありません。

連によって踊りもリズムも違います。また、使用する楽器も様々です。

南粋連は、本場・徳島の正調ぞめきを基本としています。

しかしその一方、どんどん新しい阿波おどりを創作しています。

型にとらわれることなく、新しいリズム・新しい踊りを入り混ぜ、同時に正調も大切にしていきたいと考えます。

南粋連の踊りは、男踊りは激しくカッコ良く、女踊りは美しく艷やかで躍動感のある踊りを心掛けています。

音を奏でる鳴り物は、正調ぞめきを基本としながらも、どんどん新しいお囃子を作っていきます。

そして、南粋連は観ている人に「元気」と「活力」を与えるような連を目指します。